ホーム » つくまるチャンネル » 街のお医者さん相談室 » 二の宮越智クリニック質問 インフルエンザについて

つくまるチャンネル

街のお医者さん相談室 Tsukumaru Consultation »

体・心・病気の悩みなどの医療相談を、街のお医者さんに出演いただいた先生がお答えします。

二の宮越智クリニックの越智五平先生に聞きました!

~ インフルエンザについて ~

[小児・小児外科]

Q:幼稚園に通っている息子がいます。インフルエンザの対策について教えて下さい。 NEW

インフルエンザワクチンはその有効性や6か月程度とされている有効期間も明確ではありません。特に後者はワクチンによる抗体がそれ以降でも残っています。ワクチンにはA型、B型それぞれ2種類の株が混合されています。毎年、流行を予測して製造されていますが、その年の流行株に一致していない場合には効果は低くなります。株の選定や製造工程、国家検定のため接種開始は10月以降となります。ちなみに接種は12月までに終了することが勧められています。幼児に多い脳症、脳炎には直接的な効果はありませんが、原因であるインフルエンザに罹らないためにワクチンは有効です。
予防では「手洗い、うがい」といわれています。日頃から一般的な衛生の心得として習慣づけしておくと良いでしょう。インフルエンザ流行期になると集団生活の中では感染を避けることは困難です。ワクチンによる感染・重症化予防を過信してはいけません。インフルエンザに特異的な症状がありませんから迅速検査が行われていますが、検査が陰性でも感染が疑われたら重症化予防のためにも早期に適切な治療を受けましょう。

Q:インフルエンザの予防接種はあまり早くやると2月頃には免疫が切れてしまうと聞きましたが本当ですか?

インフルエンザワクチン接種の季節が来ました。効果のほどはともかく、いつ接種するかは気になるところです。接種した後、どのくらいの期間効果が続くかは明確ではありません。6か月ぐらいともいわれますが、それ以上経っても予防接種による抗体が十分にあるともいわれています。一方、十分に抗体価が上がってくるのには2週間は必要といわれていますので、インフルエンザの流行が始まってからでは手遅れです。インフルエンザの流行は1月から2月がピークですが、一般にインフルエンザは11月頃から出てきます。従って11月頃までには接種を済ませておくことが大切です。インフルエンザワクチンにはA型、B型のインフルエンザウィルスワクチンが混合されています。毎年、流行株を予測して製造されていますが、その年の流行株に一致しない場合には効果が低くなります。予防接種をしたのに3月頃からインフルエンザにかかってしまう方は抗体価が下がっているかもしれませんが、ワクチン接種しても十分に抗体価が上がっていなかったことも考えられます。
このワクチンは、発症の予防というより重症化の予防にも有効といわれており、早めに接種されることをおすすめします。