ホーム » つくまるチャンネル » うちカフェ » コーヒーファクトリー古橋伯章(オーナー)おすすめ「うちカフェ」スタイル8

つくまるチャンネル

うちカフェ Tsukumaru Uchicafe »

家庭で簡単にカフェ気分が楽しめる「うちカフェライフ」を応援するコーナー。 コーヒー、日本茶、ハーブティー、紅茶、それぞれの専門家にアドバイスをもらったり、疑問を解決してもらおう ! !

古橋さんオススメの「うちカフェ」スタイル

「焙煎による味の違いとカフェインレスについて」

今回のうちカフェでは、読者の皆様から多くの質問をいただきました、焙煎の仕方による味の違いと、カフェインレスコーヒーについて紹介します。

.png 焙煎による味の違い

コーヒーは産地によっても味が違いますが、焙煎(コーヒーを焼くこと)によっても全く味が違ってしまう飲み物です。
一般的には焙煎が進むと、コーヒーは酸味と香り成分が減少し苦みとコクが増加します。 従って、


 ・浅煎りは、酸味が中心のさっぱりした香りのコーヒー
 ・深煎りは、苦みが中心のロースト香を伴ったコクのあるコーヒー

になる傾向があります。焙煎度合からコーヒーを選んでいただくと、お好みのコーヒーが見つかるかもしれません。ちなみに当店では、香りに特徴のあるもの (エチオピアなど)は浅煎りに。コクを生かしたいもの(マンデリンやグアテマラなど)は深煎りにという風に焼き分けております。

.pngカフェインレスのコーヒー

当店のカフェインレスコーヒーは、薬品などを使用しないウォータープロセス法を用いたカフェインレスのコーヒー生豆を店内で焙煎しています。
コーヒー生豆の成分は水溶性です。生豆をクリーンな自然水に浸し、可溶性固形分を除く全ての成分を含んだ抽出液を作ります。この抽出液を活性炭のフィルターに通し、カフェインのみを除去します。このカフェインを取り除いた水溶液をコーヒー生豆に戻します。
実際にはもっと複雑な工程があるのですが、要約すればこのようにしてカフェインを取り除いています。
但し、カフェイン以外の成分もフィルターで取り除かれてしまうこともあり、ややさっぱりした味わいになる傾向があります。

 

.png 店頭に表示しております

当店では、店頭にて焙煎度合を表示しております。
カフェインレスの豆もご用意しておりますので、スタッフにお気軽に問い合わせ下さい。

コーヒーファクトリー
つくば市千現2-13-1 TEL:029-851-2039

8:30~18:30 木曜定休