ホーム » つくまるチャンネル » うちカフェ » コーヒーファクトリー古橋伯章(オーナー)おすすめ「うちカフェ」スタイル9

つくまるチャンネル

うちカフェ Tsukumaru Uchicafe »

家庭で簡単にカフェ気分が楽しめる「うちカフェライフ」を応援するコーナー。 コーヒー、日本茶、ハーブティー、紅茶、それぞれの専門家にアドバイスをもらったり、疑問を解決してもらおう ! !

古橋さんオススメの「うちカフェ」スタイル

「生産国のコーヒー事情 ~インドネシア編~」

今回のうちカフェは、生産国のコーヒー事情インドネシア編です。バリスタ見洋が昨年のコスタリカに続いて、インドネシアに買い付けに訪問したときの話をご紹介します。

.pngインドネシアのコーヒー事情

こんにちは。私は今、インドネシアのアチェ地域に来ています。数日前までは、アチェより南にあるリントン地域に滞在していました。
もちろん、理由はコーヒーの買い付けです。
インドネシアのコーヒー産業事情は、農家さんが栽培したコーヒーを数カ所に集め、ブレンドをします。殆どの農家さんはコーヒーを収穫して、果肉を剥き、自宅の庭でかるく天日干しをしたものをお金と交換します。ですので、あまりクオリティを考えるよりも、量を作ろうとする人が殆どだそうです。しかし、私達が今回訪問した場所は、量よりも質を重視した場所です。もちろん、質の悪いものよりも、良い物の方が高値で売買されます。

.png美味しいコーヒーにはコレクターが不可欠なリントン地域

まず最初にリントン地域に行きました。リントン地域は標高が比較的低めの1300m辺りにコーヒーが多く生産されています。味わいは、チョコレート、レザー、ハーブ、オレンジ、ヘビーボディーです。当店で今まさに扱っているコーヒーが、こちらのリントン地域にある、タノバタックです。
リントンではほとんどの農家さんが、提携しているコーヒーを集めるコレクターさんに豆を持って行きます。私達が訪問したコレクターさんは6ヶ所です。
近くの農家さんだけと提携して徹底した栽培管理をし、より良い商品を一緒に作り上げているコレクターさんや、わざわざ農家さんへ車で豆を取りに行くコレクターさん、集荷場に持って来てくれた豆の状態を見て支払う金額を変えて、農家さんへ仕事の情熱を与え、そして均一したクオリティの物を集めるコレクターさん。など、美味しいコーヒーを作るために頑張っていました。

 

.png少量のコーヒーを丁寧に作る農家さんに出会い感動のアチェ地域

次に、今私が滞在しているアチェ地域で、標高は1500m辺りです。
リントンに比べて標高が高い分、フルーティーな味わいがより増えるらしいです。こちらの豆はまだ味見をしていないので、ハッキリとした事は書けないのですが、この旅が終わる時にはどんな感じか、そしてそれを買い付けるのかを決めるつもりです。
アチェでは、コレクターさんはほとんど居ません。農家の方の家に、仲介業者が直接出向き、脱穀、乾燥まで終了し、袋詰めされた豆を購入し、ブレンドして輸出します。仲買人の方が、車で農家さんの農園を見て、気に入ったところを買いに来るようです。確かに、農家さんといっても1~2ヘクタール程しかない農園なので、シングルオリジンを作る事は難しいそうです。しかし、私達は数少ないシングルオリジンの農家さんにお会いすることができ、その職人魂を感じるとても貴重な時間を過ごす事ができました。周りの農家さんが大量に生産する横で、少ない量のコーヒーを丁寧に作り続けている姿に感動しました。

.png 特徴的な味わいが魅力のインドネシア産

まだまだ日本は他の国に比べてインドネシアのコーヒー消費が少ないと言われています。インドネシアのコーヒー豆は、他の国にはない特徴的な味わいが魅力です。ぜひ一度、美味しいスペシャルティコーヒーの、インドネシアを召し上がってみてください。
私も、今回の最終日に今まで見て来たコレクターさんの豆や、シングルオリジンの豆を飲みます。そして、その中でも特に美味しいものを購入し、沢山の方に届けたいと思っています。
それでは、残りの数日でもっともっと勉強に励んできます。

.png お客様の好みを聞き最適な豆をオススメします

お店に並ぶ豆は常時20種類ほど。各産地で厳選した豆を、確かな焙煎技術で、最大限の美味しさを引き出し販売しています。ぜひ一度お試し下さい。

コーヒーファクトリー
つくば市千現2-13-1 TEL:029-851-2039

8:30~18:30 木曜定休