ホーム » つくまるチャンネル » うちカフェ » 茶の蔵「きむら園」木村嘉男(代表)おすすめ「うちカフェ」スタイル 10

つくまるチャンネル

うちカフェ Tsukumaru Uchicafe »

家庭で簡単にカフェ気分が楽しめる「うちカフェライフ」を応援するコーナー。 コーヒー、日本茶、ハーブティー、紅茶、それぞれの専門家にアドバイスをもらったり、疑問を解決してもらおう ! !

木村さんオススメの「うちカフェ」スタイル

「緑茶についてのQ&A」

読者の皆様からの緑茶に関する質問にお答えするQ&A!

今回のうちカフェは、読者の皆様からの緑茶に関する質問にお答えするQ&Aです。
日頃からちょっと気になっている身近な質問ばかりですので、うちカフェライフにご活用下さい。

Q:カフェインが、いつも気になっています。
一番カフェインが少ないお茶は?

A:

最近では、マスコミなど(各)大学教授や研究者により、お茶やコーヒーは健康に良いと発表されています。お茶は一般的に1日30杯~40杯飲んでも問題はなく、科学的には一時的に目が覚める、精神的安定などがあります。よく耳にしますが、夕方お茶を飲むと眠れなくなるという根拠もないようです。しかし、気になる場合はほうじ茶などがお勧めです。ほうじ茶は緑茶を焙煎するためカフェインが含まれていません。オーガニック(無農薬)のほうじ茶など、赤ちゃんも安全に飲めるほうじ茶もあります。

 

Q:黒ウーロン茶やヘルシア緑茶など特保のお茶は本当に良いのですか?

A:

お茶は悪い所は一切なく、国が認めた研究機関の検証を基に、現在世界的にも健康志向で注目を浴びています。ウーロン茶も確かに脂肪の燃焼効果がありますし、カテキンの効能的にも間違いはないと思います。強いて言えば、高いペットボトルを購入しなくても普段の緑茶で補えます。ヘルシア緑茶は濃厚なカテキン抽出液が使われており原料はほぼ番茶で、煎茶より番茶の方がカテキンの成分が多いのです。煎茶でも十分なのですが、安く効果を上げたい場合は濃厚に急須で淹れた番茶がおすすめです。

Q:無農薬栽培の茶葉は売っているのでしょうか?

A:

現在、国産茶葉に対しては新茶収穫時期に国で定められた期間を基準とし、肥料の制限、残留農薬検査やセシウム検査など、あらゆる項目を得て安全で美味しいお茶が販売されています。お茶の無農薬栽培も、基準検査が厳しく定められており1年、2年無農薬栽培をしても完全な無農薬とは言えません。最近では、生産技術研究の向上により手間と時間をかけながら美味しくて完全な無農薬栽培のお茶も販売できるようになりました。値段は高めですが当店でも取り扱っています。

茶葉は
「茶の蔵きむら園」
で販売中です!

つくば市手代木292-4
9:00~19:00
毎週月曜定休
029-859-3900
http://www.kimuraen.jp/