ホーム » つくまるチャンネル » うちカフェ » 茶の蔵「きむら園」木村嘉男(代表)おすすめ「うちカフェ」スタイル 19

つくまるチャンネル

うちカフェ Tsukumaru Uchicafe »

家庭で簡単にカフェ気分が楽しめる「うちカフェライフ」を応援するコーナー。 コーヒー、日本茶、ハーブティー、紅茶、それぞれの専門家にアドバイスをもらったり、疑問を解決してもらおう ! !

木村さんオススメの「うちカフェ」スタイル

「緑茶についてのQ&A-10」

読者の皆様からの緑茶に関する質問にお答えするQ&A!

今回のうちカフェは、読者の皆様からの緑茶に関する質問にお答えするQ&Aです。
日頃からちょっと気になっている身近な質問ばかりですので、うちカフェライフにご活用下さい。

Q:冷たいお茶用の茶葉はあるんですか?向いている茶葉などあれば教えてください。

A:

冷たいお茶もホット用も、原料は通常の一番茶と二番茶が使われています。ペットボトルの場合、容器がホット用とアイス用に工夫がなされていて、ティーパックは、アイスティーと表示がなされていても、ほとんどがアイス、ホット兼用です。冷茶では、茶葉の焙煎の違いで、冷たくすると香りが少なくなくなり少し香ばしい火入れが強めの茶葉がおすすめです。

 

Q:水だし緑茶を美味しく作る方法を教えてください。

A:

緑茶は熱を加えてから冷めると酸化し変色しやすくなりますが、水で抽出して冷やしておけば多少水色は保てます。最近ではアイス専用のティーパックなどもあります。普通の茶葉から作るのが一番美味しく、氷をグラスに入れ急須で少し濃くした温かいお茶を注げば、綺麗なグリーン色の美味しいアイスティーを楽しめます。

Q:煎茶、番茶などの違いがよくわかりません。緑茶とどう違うのでしょうか?

A:

煎茶も番茶も、緑茶になります。お茶は地域により異なりますが、4月~5月に新茶の収穫時になります。新芽が出て最初に収穫した茶葉が一番茶、最初の茶葉は葉肉が薄く生産量も少ないので品質の良い高額な茶葉となります。徐々に葉肉が厚くなり成長した茶葉は生産量も増え、価格も安くなっていきます。約1ヶ月後、二回目に出てきた芽を同じように収穫した茶葉が二番茶、ここまでが煎茶の部類になります。その後三番茶があり、8月~9月同じように収穫した茶葉が番茶です。茶葉の木は3回~4回収穫できます。もちろん価格や成分、味に違いがあり上手く飲み分けてください。

茶葉は
「茶の蔵きむら園」
で販売中です!

つくば市手代木292-4
9:00~19:00
毎週月曜定休
029-859-3900
http://www.kimuraen.jp/