ホーム » つくば地域情報 » つくばインフォメーション » 筑波実験植物園  西之島2014年噴火のマグマ成因を初めて解明

つくば地域情報

つくばインフォメーション Tsukuba Information »

つくば周辺のイベント・キャンペーン情報をお届け
2016年12月20日(火)~2017年2月5日(日)
筑波実験植物園
西之島2014年噴火のマグマ成因を初めて解明

国立科学博物館 地学研究部の鉱物科学研究グループは、西之島火山の火山灰について分析を行い、マグマ発生・噴火条件を決定しました。その論文発表に伴い、関連資料等の展示発表を行います。2013年の11月に最初の噴火活動が確認された西之島火山は、活発にマグマを噴出し、2年間で島の面積が13倍にも成長しました。採取された火山灰を、最新の分析技術を駆使し全元素を分析、38種類を検出し、精密な含有量測定に成功しました。 

【開催期間】

2016年12月20日(火)~2017年2月5日(日)

 

【開園時間】

9:00~16:30(入園は16:00まで)

【休園日】

毎週月曜日

*2016年12月28日~2017年1月4日は休園

*1月9日(月・祝)は開園、10日(火)は休園

【入園料】

一般:310円
高校生以下・65歳以上:無料
団体 : 210円 (20名以上)
リピーターズパス:年会費1030円

【お問い合わせ】

筑波実験植物園
所在地 つくば市天久保4-1-1
電話 029-851-5159(代表)
時間 9:00~16:30(入園は16:00まで)
Web http://www.tbg.kahaku.go.jp/

つくば実験植物園